今日のおすすめ

顔を1日何回洗うのが1番よいのかお知りでしょうか。答えは1つ、朝と夜の2回です。これ以上の洗顔回数は肌を老化させてしまう1番の原因です。回数が多ければ多い分元気になるわけではなく、1日2回までとするのが美肌への道のりなのです。

ここ最近大注目の一日一食健康法ですが、どういう若返り効果が期待できるのかと思う人も多いのではないでしょうか。飢えた状態になると分泌されるホルモン量が増すと言われているので、それ効果よってアンチエイジングの効果があることがわかっています。例えば、女性ホルモン量が増すにつれ、シワやたるみができるのをおさえるなどです。

アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢を意味するもので、若返りと勘違いされがちですが、単なる若返りとは違って加齢が進行するのを遅らせ、実際の歳より若く見せるという考え方の方が適切な考えだと言われています。アンチエイジングというものは現在、基礎化粧品だけではなく、サプリメントやホルモン治療の分野にも進歩しています。

シワ防止のためにも、お化粧をした日は欠かさずクレンジングすることをお勧めします。そうしないと、お肌にダメージが残ってしまい、シワができる確率が高くなります。後、洗顔する際は、洗顔料を十分に泡立てて、優しく洗顔するようにしてください。ゴシゴシ!という無理やりな洗顔や、肌荒れを起こしたりといったことが、シワのもととなってしまいます。

しょっちゅう洗顔をして肌に必要な皮脂が常に足りないといったことになると、足りない皮脂を埋めようと多く分泌するようになるのです。顔を洗いすぎると、肌が乾燥状態になり、より一層多くの皮脂を出してしまいますから、顔の洗いすぎには注意してください。顔を洗った後は化粧水を使って十分な水分補給を忘れずに行っていくことが大切です。

敏感肌のスキンケアを実施する際には、肌が乾かないよう、十分な保湿が重要です。保湿、保湿するためにはいくつかの方法があります。化粧水やクリーム等がたくさん揃っていますし、化粧品にも保湿効果の高いものがあります。保湿の効き目が大きいセラミドが配合されているスキンケア商品を使ってみるのもいいものと思われます。

肌をケアするためにも、洗顔する時には髪の毛との境目などの落とし忘れの多い部分まで、すみずみまで洗い落としましょう。洗い流したあと、タオルで弱い力で押さえながら水分を取り去ります。必ず、強い力でこするのはやめてくださいね。むろん、清潔なタオルの使用が、大条件となります。